マイスリーより先に試すべき音楽療法

不眠症改善に役立つ方法には、アロマオイルを使用してみる、室内環境を整えるなど様々な物がありますが、音楽の力についても触れられる事が多いです。

よく眠れると謳われたリラクゼーションミュージックのCDなども販売されていますが、なぜ音楽が不眠症を改善させるのか、実際に効果があるのかどうか、メカニズムを理解して利用している方は少ないでしょう。

静かな音楽ならリラックス出来るからという心理的に安らぎを誘う効果もあるのですが、一番大きな作用は脳波を安定させるという事です。

人間の脳波は周波数が低い方からθ波、α波、β1波、β2波、γ波という名称がついています。

θ波は瞑想状態の様な余計な雑念が一切消えた状態、α波ではリラックスして物事に集中出来る状態の脳波です。

β1波は程良く力が抜け、程良く気を張っている日常生活をする上で一番良いバランスを保った状態ですが、ストレスを感じると脳波はβ2波へと移行し、心身が緊張した状態に陥ります。

脳波の高さは脳内物質の量にも影響し、このβ2波の状態の時は、安眠する為の脳内物質が減少してしまいます。

つまり、安らかに眠る為には脳の周波数を落とし、一番心身がリラックス状態、α波となる様にすればいいのです。

この方法はマイスリーなどの睡眠薬に頼るよりも、根本的な問題の解決であると言えるでしょう。

このようにリラクゼーションミュージックは単に心地よい静かな音を感じさせるだけでなく、脳波にも影響する音を出しており、音楽療法には科学的な根拠がある物なのです。

音楽だけでなく、波の音や鳥のさえずりなどの自然音も効果があるとされています。
自然界の音には1/fの揺らぎがあり、その微妙な周波数が人の脳波をα波へ導くからです。

また、ヒーリングミュージックではなく、自分の好きな曲を聴くのも効果があります。
覚醒する様な激しい音楽でなければ、自分が一番心地よいと思う音楽をセレクトするのも手です。

不眠症に悩んでいる方々はマイスリーに頼る前に、まずこういった根本からの解決を試みてみましょう。

不眠症を食べ物で改善していこう

辛い不眠症に悩まされている人は、マイスリーやハルシオンといった睡眠導入剤に頼り切りになってしまい、結果として依存症になったり副作用に悩まされたりする場合があります。

そうなる前に、ひとつの対策として食事療法を取り入れてみましょう。

実は食べ物には、眠りやすくなるものと眠りにくくなるものがあります。

この知識を頭に入れておくと、不眠症の予防につながると言えるでしょう。

まず、カフェインを摂ると脳が活性化して眠りにくくなることはよく知られています。
コーヒーやチョコレートなどは、寝る前に控えるようにしましょう。

反対に眠りを誘う成分として、トリプトファンも注目を集めています。

トリプトファンは眠りホルモンとも呼ばれるメラトニンを生成する働きがあり、トリプトファンを摂取することで眠りホルモンが分泌するのです。

それではどのような食べ物に、トリプトファンが含まれているのでしょうか。
代表的なものとして、牛乳やチーズといった乳製品が挙げられます。

そのほかに、バナナやナッツ類や蜂蜜なども良いでしょう。
ヨーグルトにもトリプトファンが含まれているので、ヨーグルトにバナナと蜂蜜を入れて食べるのはおすすめです。

また眠りホルモンのメラトニンは、直接食べ物から摂取することもできます。

ぶどうやさくらんぼといった果物にメラトニンは多く含まれているので、そうしたフルーツを食べたり、もしくはぶどうジュースやさくらんぼゼリーなどを取り入れるのも良いかもしれません。

さらに不眠症を改善するための食べ物として、ビタミンB1を含むものもおすすめです。

ビタミンB1はストレスを緩和して精神を安定させる働きがあり、眠りやすい精神状態を作ってくれると言えるでしょう。
ビタミンB1が含まれている主な食べ物には、豚肉や大豆製品などが挙げられます。

さらにこのビタミンB1は酸化アリルと呼ばれる成分と一緒に摂取することで、よりいっそうビタミンB1の体内吸収率が高まります。

酸化アリルは玉ねぎなどに含まれているので、玉ねぎと豚肉を一緒に炒めたり玉ねぎと合い挽きミンチで作るハンバーグなども良いでしょう。

このように、眠りやすくなる食べ物を上手に毎日の食事に取り入れることで、不眠症の悩みから解消されることがあります。

バランスの良い食事を心がけて、質の良い眠りを得たいものです。

不眠症は生活習慣で予防できます

日本国内で不眠症で悩んでいる人は約5人に1人の割合で、特に20代から40代の働き盛りの人に多い傾向があります。

しかし、そんな不眠症も生活習慣を見直すことで予防できます。

医師からマイスリー等の処方を受ける前に、まずはご自分でいろいろ試してみてはいかがでしょうか。

不眠症に病んでいるからと睡眠時間を増やせばいいというものではありません。
人それぞれ必要な睡眠時間が違いますので、7時間必要な人もいれば4時間ぐらいで大丈夫という人もいます。

睡眠時間が理想的かどうかの基準は日中に眠気で困らないかどうかです。
眠気で集中力がなくなったりする人は睡眠時間を考え直す必要があります。

飲み物については、夕食後のカフェインや寝る前のお酒を控えることで利尿作用の影響による途中にトイレに起きることがなくなります。

食事の時間は体内の時間に影響を及ぼしていますので、1日3食なるべく同じ時間にとるようにし栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

運動は激しいことをしなくても体がここちよい疲れを感じる程度の運動を取り入れることで眠気を自然と起こすことができます。

部屋の環境としては、寝るときは暗くし朝起きるときは太陽光を浴びるようにしましょう。
部屋の明かりをつけたままで寝たりテレビをつけたままだと脳を休ませることができないので疲れが残ってしまいます。

体に夜と朝のスイッチの入れ替えをしてあげることで24時間周期の体内リズムを取り戻すのです。

精神的なことから不眠症になっている方は、ゆっくり入浴したりして体の疲れを癒やしたり、趣味を作り自分の好きなことに没頭し他のことを忘れられる時間を作ってリラックスする時間を作りましょう。

ただし、趣味でも寝る前にインターネットやテレビや携帯電話などは画面からの光が刺激となり逆に寝つきが悪くなってしまいますので気をつける必要があります。

もし長期的な休みが取れる環境であれば旅行などに出かけストレスの原因となっているものから離れることで精神的にも身体的にもリフレッシュできて不眠症が改善できる場合もあります。

マイスリーに頼るまえに試してみること

ぐっすり眠れない日が続くと、日中も身体がだるく家事や仕事に支障が出ることもあるでしょう。

イライラする上に、体の疲れが取れないために免疫力が落ちて風邪も引きやすくなってしまいます。

こうした不眠症はうつ病が隠れている場合もあるので、何日も続くようなら病院へ行くべきですが、軽度の状態であれば予防対策を心がけることで改善することもあります。

マイスリーやハルシオンといった睡眠薬に頼るまえに、まずは生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

不眠症にならないための対策について、紹介していきます。

まずなかなか眠れないという人は、寝る前の過ごし方や部屋の環境について見直してみましょう。

夕食を食べて入浴して眠るというのが一般的に多い生活パターンですが、夕食においては食べるのが遅すぎると胃が消化しないので寝付けない場合があります。

さらにコーヒーなどカフェインが強い食品を寝る前に摂取するのも控えたいものです。
寝る前はコーヒーではなく、ホットミルクを飲むと眠りを誘ってくれます。

体の血行を良くすることも大切なので、シャワーで済ませるのではなくゆっくり湯舟につかるようにしましょう。

そして寝る前は、テレビや音楽なども小さな音にして、部屋はカーテンを引いて電気も薄暗くしておきます。
明るい部屋の状態では寝付きも悪くなります。

寝る前に携帯画面を見続けるのも、不眠症の原因になるので控えたいものです。

その次に、日中の過ごし方について見ていきましょう。
昼間は適度に体を動かして活動することで、夜眠りやすくなります。

活動量が少ないことが不眠症につながるケースもあるので、ウオーキングやストレッチ運動などを取り入れてみると良いでしょう。

また太陽の日を浴びることも、寝付きを良くするためには大切です。

そして日中、何かしらストレスを感じた場合は、できる限りその日のうちに気分転換してストレスを取り除いておきたいものです。

夜いろいろと考えてしまい眠れないという人は多いものです。

いろいろ考えてしまう人は、寝る前に日記などに愚痴や悩みを書くことで気持ちがすっきりする場合もあります。
考えても仕方ないとある程度割り切ることも大切です。

自分なりのストレス解消法を見つけて、夜間までストレスを引きずらないようにしたいものです。

不眠症は生活習慣を見直すことで改善方向に進むことも多いので、まずは自分の日常生活を振り返ってみましょう。

そして寝る前はできるだけ心身共にリラックスした状態を作ると、ぐっすり快眠しやすくなるはずです。

不眠症のきっかけと対策体験談

私は基本的に過眠症の気があるのですが、これまで何度か不眠症になったことがあります。

そのきっかけの一つはダイエットでした。

食事制限をすると目が冴えて眠れなくなるのです。
その冴え方は凄まじく、朝まで神経が研ぎ澄まされている感じです。

ですので勉強や仕事をするには都合がよいかもしれませんが、特に何をするでもないとかなり苦痛です。
ただただ夜が明けるのを待つしかありません。

他に不眠症になったきっかけは、考え事がある時です。
特に熱中するような考え事で、夜が明けるまで全く眠れません。

良い事を考えている時はよいですが、嫌な事を考えて眠れないのは辛いものです。

他に不眠症となったきっかけは、就寝時刻が遅くなった時です。
そんな日が続いてやがて眠れなくなりました。

類似したものとしては時差ボケがあります。
海外へしばらく宿泊して帰って来ると、必ずと言っていいほど眠れなくなります。

どんなきっかけもささいなことなのですが、眠れないことは辛いものです。

そんな時、マイスリーなどの薬を飲めば楽になるかもと思うことがあります。

しかし、薬に頼ったらおしまいという思いもあるので、そんなことを考えているうちにまた眠れなくなります。

そうやってこれまで何度もあがいてきたのですが、あがくほど目が冴えるのでやがてやめました。

そしてなるべくリラックスして楽しめるようにしたのです。
例えば好きなビデオを観たり好きな音楽を聴くのです。

ビデオの明るい光や音楽の音は、眠りを妨げるとして一般的にご法度とされていますが、私はそんな時間を過ごすことでいつの間にか眠ってしまったことが何度かあります。

眠れないと嘆くと、余計に緊張が高ぶり神経も研ぎ澄まされがちです。

そうなるより、好きなことをして楽しみながらやり過ごすほうが身の為と思ったのです。

そんな風に過ごすことで、やがては不眠症が落ち着きました。
ただその間、睡眠不足で体調が優れないので無理はしないようにします。

そんな時に頑張っても良い結果は出ないので、休息期間として考えるようにしています。
そして通常の睡眠サイクルに戻り充分な睡眠がとれるようになったら、また頑張っています。

マイスリーに頼らなくても不眠症は治せる

不眠症と診断されたわけではないのですが、いつも寝付きが悪く、夜中に何度も目が覚めてしまっていました。

当然、朝起きてもスッキリした気持ちになれません。
日中も眠くなってしまいます。

だからといって、昼寝をするわけにもいきません。
昼寝をしてしまうと、さらに夜中に眠れなくなってしまうような気がするからです。

そんなわけで、毎日、睡眠には悩まされていました。

病院に行ったり、マイスリーなどの薬を服用したりすることに抵抗があったので、何とか自力でどうにかしたいと思っていたところ、インターネットで情報収集することにしたのです。

今の時代、インターネットがあってとても助かると思いました。

まず、なぜ寝付きが悪いのか、夜中に目が覚めてしまうのか、インターネットで調べながら推測してみることにしました。
そこで結論が出たのは、寝る直前にパソコンを使っているという点でした。

よく、パソコンやスマホを使っていると眠れなくなると言われています。
脳が興奮してしまうからです。

それからは、寝る直前にパソコンを使わないようにしてみました。
テレビも観ません。

何もしないのも苦痛なので、読書をするようにしました。

読書も興奮するようなものではなく、穏やかになれるようなものを選びます。
すると、多少は寝られるようになってきました。

やはり、寝る直前に興奮するようなものは避けた方がいいようです。

続いてやってみたのは、リラックス効果があると言われているホットミルクを飲むことです。
夕食の代わりにホットミルクを飲むようにしたところ、体の冷えも改善されるので暖かい状態で眠りにつけるようになりました。

他にはアロマを焚いてみることも効果的でした。
睡眠に良いと言われているのはラベンダーの香りなので、ラベンダーのアロマを焚いてから寝るようにしたのです。

このようにして、いろいろと工夫していくうちに、だんだんと眠りにつけるようになってきました。

不眠症はマイスリーやハルシオンに頼らなくても改善できるものなのかもしれません。
少なくとも、私にはこれらの方法が合っていました。

父の介護から始まった生活環境の変化による不眠症

まさか自分が不眠症になるなんて思いもよりませんでした。

私は寝ることが大好きで、仕事から帰ってベッドに入ることが一日の至福、そして休日はお昼ころまで寝ているという、不眠症とは程遠い自分だと思っていました。

しかし、ある日、同居していた父が不調を訴え受診したところ、ガンが原因だということが分かりました。
高齢でもあったので無理な手術はせず、短期間の入院とあとは通院で治療をすることになりました。

同居していた母も同じく高齢なため、私が休職し、父の自宅介護をすることになりました。

まだ、父も自発的にできることが多かった時は、通院や食事の用意などの簡単な介護だったのですが、少しずつやれることも減ってきたのと同時に私は休職し、やりがいが無くなり、自由な時間が減ってしまったことが重なり不眠症となりました。

はじめのうちは眠れないな、眠りが浅いなと感じくらいでしたが、日に日に眠りにつく時間が遅くなり、夜中に何度か目が覚めてしまうなど少しずつ症状が大きくなってきました。

夜中に目が覚めた時には不安が襲ってきてそのせいで余計に眠ることができず、自分の身体の不調も感じるようになりました。

高齢の両親に心配をかけることもできず、ただ一人、介護と自分の不眠症による体調の不安、未来への不安でいっぱいになっていきました。

ある時、夜中に目が覚め、涙が止まらず号泣しました。

その時初めてこのままでは自分も病気になってしまう、私が病気になっては高齢の両親も大変なことになってしまうと思い、意を決して翌日、心療内科に受診しました。

心の病なども無縁だと思っていた自分が心療内科を受診することだけでもショックでした。

しかし先生は親身になって対応して下さり、少しずつだけでもぐっすりと眠ることで体も心も楽になると言われ、マイスリーという睡眠導入剤を少量だけ飲むことにしました。

どんな風に効くのかは不安でしたが自然な眠りにつけ、夜中に起きることもなく久しぶりにぐっすりと眠ることができました。

ただ、このマイスリーというお薬を長く服用し続けると依存症になる危険性もあるそうなので、なるべく早く薬にたよらない生活を取り戻したいとおもいます。

私が行ったストレスによる不眠症対策について

私が不眠症になったのは、資格試験をおよそ2週間ほど後に控えた時でした。

不合格になってしまったら半年後までチャンスが無くなってしまい、実家に住む両親やその他の家族にも良い知らせを持って帰ることが出来なくなってしまうという焦りから、とてもプレッシャーを感じていました。

そのため、日中に試験勉強をしている時においてもソワソワして落ち着きが無くなり、夜も眠れなくなるほどストレスを感じていました。

寝床に入って眠ろうとしてもなかなか眠れず、一回寝られたと思ったらおよそ1時間程度で目が覚めてしまうといった不眠症状が頻繁に起こっていました。

このままでは身体がもたなくなると思ったので、友人に相談したりインターネットで調べたりして対策方法を探しました。

精神科や心療内科を受診するとマイスリーやハルシオンといった睡眠導入剤による投薬治療を行えるようですが、薬の副作用に悩まされている人の口コミが多くみられたので、薬にたよらない不眠症対策を試してみることにしました。

私が行った不眠症対策はリラックスすることと、必要以上に考えないようにして自分自身を追い込まないようにすることでした。

私が発症している不眠症は病気などからくるものではなく、強い不安やストレスからくるものだと分かったので緊張を無くすことを特に重視しました。

具体的には、生活習慣にメリハリを付けて、同時に趣味などの好きなことを思いっきりやるといった方法を行いました。
試験勉強は午前中に3時間行い、午後に2時間行うようにしました。

また、寝る2時間前になったら精神的にも身体的にも休むようにして、あまり物事を考えないようにしました。
おかげでかなり精神的に楽になり、夜の睡眠も今まで以上に取れるようになりました。

緊張やストレスからくる不眠症を治すためには、ストレスの原因を自分で見つけてそれを解消することがもっとも効果的だと思います。

私の様に、考えすぎによって必要以上に緊張していることもあるので、寝る前になったら何も考えないようにするなどメリハリのある生活も重要です。

そのため、ストレスによる不眠に悩まされている場合は、リラックスできるように一度ご自身の生活習慣を見直してみるのも効果的だと思います。

マイスリーに頼らないために無理のない運動を続けよう

現代は電車や自動車などを移動に利用している人が増えており、以前に比べると歩く機会が少なくなっています。

日頃からデスクワークが中心の人は脳が疲労しているのに、運動不足で体はあまり疲労をしておらず、床に着いても寝つきが良くないと感じている人が増えています。

不眠症で悩んでいる人は、精神神経科や心療内科を受診して、マイスリー等の睡眠導入剤を処方してもらっている人が多いですが、副作用が心配ですし、なかなか症状が改善しない場合は、薬の量が増えてしまいます。

マイスリーになるべく頼らずに不眠症を改善したい場合は、体を適度に疲労させるために、無理のない運動を続ける必要があります。

筋トレなどの無酸素運動よりも、ウォーキングや水泳、自転車こぎなどの有酸素運動がお勧めしたいです。

仕事で忙しい人は毎日運動を続けるのは難しいため、週に2~3回程度行うと良いでしょう。
散歩をする時は少し速足で歩くようにしたり、徒歩で行ける距離の場合は、自動車を利用しないことも大事です。

体に負担の少ない運動のヨガやストレッチなども、血流を促進したり、体を柔軟に保つ働きがありますし、心身をリラックスさせる効果があります。

就寝前に運動をすると交感神経の働きが活発化してしまい、寝つきが悪くなる原因になってしまうため、就寝の3時間前には運動を終えておく必要があります。

不眠症で悩んでいる人は、長時間パソコンやタブレットを使用したり、夜遅くテレビを見ている人が多いですが、就寝前は控えましょう。

若い20代の人も、学生の頃に比べると運動量が減少して、不眠症に悩んでいる人が増えているので、日頃から意識して体を動かす習慣を付けて下さい。

仕事が忙しく、ヨガ教室や水泳教室に通う時間がないと感じている人は、DVDを鑑賞しながら、自宅で20分から、30分程度の運動を行うと良いでしょう。

普段の生活ではこまめに拭き掃除などの、家事を行うのもお勧めしたいです。
自動車をよく利用している人は、休日に自転車を利用すると、運動不足を解消できます。

マイスリーだけは服用しないと誓いました

数年前、重度の不妊症及び婦人病の治療の最中に、家族間で大問題が勃発し、心身ともにストレスが溜まっていました。

ストレスがたまると睡眠にすぐ影響が出てしまい、眠りたくても眠ることができない、ようやく眠りにつくことができても、浅い眠りだったり、30分程度でまた目が覚めてしまうの繰り返しでした。

不妊症・婦人病さらに不眠症と膨大なストレスを抱え、精神的にやつれたのは言うまでもないです。

とにかく良質な睡眠をとらないと身も心も擦り減ってしまうと感じたので、不眠症だけでもなんとかならないかとネットで対策方法を調べました。

すると、マイスリーやハルシオンといった睡眠薬による副作用に悩まされている方々が少なくないということがわかりました。

体の負担がかかる睡眠薬だけは絶対に服用しないことを誓ってから、自分なりにできる対策を取り入れていきました。

眠るときに小さな音でハワイやエーゲ海の心地の良い波の音を聞いてみましたが、波の音がかなり耳障りになり、たった一日で音楽療法は中止になりました。

そして小さい頃、寝る前に必ずホットミルクを飲んでいた習慣があったので、それも取り入れて見たのですが、大人になった今では全然効果がなく、一週間程度で辞めてしまいました。

一体どのようにしたら眠ることができるのだろうと考え、自分が一番リラックスできることで良質な眠りができると思いました。

以前からマッサージが大好きでしたが、治療を始めてからマッサージを全然していなかったので、お風呂上りに主人に足のマッサージをお願いしました。

主人に気持ちよくマッサージをされている時は、病気や人間関係など嫌なことをすべて忘れることができ、久々にリラックスすることができていました。

その流れで目をつぶるとすんなりと眠りにつくことができ、数か月ぶりにスッキリとした目覚めを実現することができました。

不眠症の克服の仕方は、本当に個人によって全然異なります。
私の場合は、マッサージにすぐたどり着いたおかげで、克服することができました。

ここで気が付いたことは、体を温め、筋肉をほぐしてあげることで、体と脳にリラックス効果を送ることができたことで良質な睡眠を得ることができました。

よく眠ることができたおかげで、ストレスに負けない体になりました。